サイト内検索

 

Home > 土木資材事業 > シールドウォーク

 

シールドウォーク

 

シールドウォークの特長

・全方向に滑りません。

・サイズが豊富、レールゲージや必要通路巾に合わせて選択できます。

・ジョイント部はカーブに対応、かつ抜け止めピン付きです。

巾(mm) 板厚(mm) 長 さ(mm)
200 1.6

3,600

225 1.6

3,000

225 1.6

3,600

300 1.6

3,000

※カーブ対応品(1M/2M)あります

意匠登録 No.423114

商標登録 No.131352


 

Newシールドウォーク(300N)登場!

 

1.軽量化

従来のシールドウォークで300×3600の足場板を作れば、1枚当たり23kgになります。軽量でも強度を保つために真中に桁を入れ、1枚当たり17kgに抑えました。

2.素材にこだわりました

素材には日新鋼管製の特殊亜鉛めっき鋼板(ZAM)※1を採用。

錆耐久性、耐食性に優れ、キズがつきにくく美観も長持ちします。

3.バタつかない

枕木と足場板をボルト1本で固定するクランプを作成したことにより、番線やゴムバンドを使わずに、ズレやバタつきを防止します。(但し、固定の際には、座金付きでご使用下さい。)

 

↑ページトップへ

 

 

 

※1 特殊めっき鋼板(ZAM)

特徴1:赤錆耐久性15倍、溶接補修部の耐食性20倍。

 これまでの亜鉛めっき鋼板と比べて、およそ15倍の耐久性、およそ20倍の溶接補修部の耐食性を誇ります。

特徴2:土壌を汚しません。

 有害物質の6価クロムを含まない天然防錆塗料を使用し、ドライタイプの2層コーティングを施されているので、土壌汚染の心配は不要です。

特徴3:キズがつきにくく、美観長持ち

 めっき層が緻密で強固なため、キズがつきにくく、美しさを保ちます。

特徴4:切断断面の鋼素地を保護し、赤錆の進展を防ぐ機能を持っているので、鋼素地の腐食進行を抑制します。

↑ページトップへ