サイト内検索

 

Home > 建築資材事業 > CFT工法

 

CFT工法(鋼管柱充填圧入工法)

 

CFT工法とは

柱(丸柱/角柱)の内部にコンクリートを充填する工法。

鋼管柱の中に圧縮に強いコンクリートを充填することで、鋼管柱の強度が増し、耐震性が高くなります。

取付イメージ

 

スライドバルブ

 

 

※4Bは受注生産となります。

※こちらはリース商品です。リース料につきましては、お問い合わせ下さい。

用   途 CFTコンクリート打設圧入工事用治具
標準規格 125A(5B)/100A(4B)
付 属 品

①スライドバルブ取付用専用ボルト・ナット

②丸型鋼管柱(丸柱)用調整ゴムパッキン

(各丸型柱のRに合わせて製作)

受注生産品

①鋼管外側補強プレート

 (スライドバルブ取付用プレート)

②コンクリート誘導管

※上記の受注生産品は、柱サイズ・形状等によっても異なります。お打合せの上、御見積りさせて頂きます。

運 送 費 FABまでの運送費は、別途実費を頂きます。

 

↑ページトップへ